café Amazon(カフェ・アメイゾン)にランチにいってきました!

café Amazon(カフェ・アメイゾン) の記事で書きました、

すさみ町にあたらしくできたカフェ

『café Amazon(カフェ・アメイゾン)』

上記の記事でも書いたように、

食事もしてみようということで、食べてきました。

『ガパオライス』

タイで有名で人気なカフェだけあって、

食事ももちろんタイ料理です。

タイ料理といえば『トムヤムクン』が有名ですが、

ガパオライスも最近はよく目にするタイ料理ですよね?

嫁さんと、近所の知人と数名で食べに行ったのですが、

「ガパオライスって最近よく聞くけど、『ガパオ』ってどういう意味だ?」

という話になり、

早速調べてみました。

『ガパオ』とは、ハーブの名前みたいですね。

シソ科メボウキ属の植物で、日本名ではホーリーバジルというバジルの一種で、クセのない味わいと爽やかな香りが人気のキッチンハーブ

だそうです。

『ガパオライス』を日本語に直訳すると「バジルの炒めご飯」となるそうです。

なるほど。勉強になった。

以前の記事では触れませんでしたが、

この『café Amazon(カフェ・アメイゾン)』は、

すさみ町があたらしく建設した、

『多世代交流施設』の中にあります。

この『多世代交流施設』は、

いわゆるコミュニティーセンターのような、

カルチャースクールを行えるような鏡張りのスタジオや、

会議室、子供を遊ばせておけるキッズルームなどがあるみたいです。

私と、嫁さんが参加している『太極拳』のレッスンも、

今度、そこでやるみたいなので、

ちょっと楽しみです!

この多世代交流施設がすさみ町の地域の方々の交流の場となっていくと良いですね!


スローライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする