緊急地震速報が鳴らない?スマホの設定方法【過去に設定済みの方も要確認!】

今日(2018年6月18日)、午前7時58分頃、大阪北部を震源とする、大きな地震がありましたね。

地震の規模を表すマグニチュードは6.1で、大阪の大阪市北区や、高槻市・枚方市・茨木市・箕面市などで、最大震度6を観測したそうです。

お亡くなりになった方もいるようです。ご冥福をお祈り致します。

けが人もたくさん出ているようですし、交通機関の乱れや、インフラの被害などもあります。余震の心配もありますし、明日は降雨の予報もあります。被害地域のお近くの方は、十分注意してください。

私の住む、和歌山県の南紀も少し揺れました。ちょうど、出勤前の支度中、めざましテレビを見ていたら、エンディング画面の中に、緊急地震速報が流れ、その数秒後に揺れを感じました。

幸いにも、私の住んでいる地域は、震度も1~2程度。特に大きな被害もなくすみました。

しかし、私の住む家は、太平洋が目の前にあり、海抜でいうと3~5m程度のところにあり、大きな地震が来て、津波が来たら、ひとたまりもありません。もし、地震が起こったら。

  • 避難袋の準備
  • 避難場所の確認
  • 家族とはぐれたときの連絡方法

など、万が一に備えた心構えを日頃からしっかりと行わなければいけないと、改めて感じました。

そして、今日の地震が起こった後に、嫁さんと話したこと。それは、「ケータイの緊急地震速報鳴らなかったよね?」でした。そこでさっそく、ケータイの設定を確認しました。

ちゃんと、設定されています!

結果、私たちの住んでいる地域は、上に書いたように、震度も1~2程度で、津波の心配もなかった為、緊急地震速報は鳴らなかったわけですが、万が一の時に備えて、皆さんも、緊急地震速報の設定、今一度、確認しておいてはいかがでしょうか?

設定の確認は、iPhoneなら、

【設定】→【通知】の画面一番下にある、

【緊急速報】をONにするだけです!

iOS8.0以降のバージョンの場合、常に最大音量で鳴動する(音量設定ができない)ため、鳴ると、かなりびっくりしますが、何かあってからでは遅いので、ぜひ、設定しておいた方がよいと思います。

iPhoneの場合は、上記のように簡単に設定や確認ができるのですが、アンドロイドスマホをご利用の方は、少し設定が必要です。

docomoなら「エリアメール」、au・SoftBankなら「緊急速報メール」の受信をONに設定しておく必要があります。

docomoの場合、購入した端末内にエリアメールというアプリがあると思いますが、端末によってはエリアメールアプリがない場合もあります。その場合は、災害用キットというアプリを開き、その中にある、エリアメールの設定をONにしましょう。

au・SoftBankの場合も同様に、「au災害対策アプリ」(au)、「緊急速報メールアプリ」(SoftBank)を開き、受信設定をONにしましょう。

MVNO(格安スマホ)を利用している場合はどうでしょうか?

私は、iPhone(docomo)とMVNO(楽天モバイル)の2台持ちをしていますが、iPhoneは緊急地震速報が鳴りますが、楽天モバイルの方は鳴りません。楽天モバイルの方は、海外製の端末を使用している為、緊急地震速報には対応していないようです。

(ETWSという機能に対応しているスマホは海外製のスマホでも緊急地震速報が受信できます。※ETWSとは、気象庁が発表した情報を一斉に特定の地域にいる多くのスマホに送る際の仕組みのこと)

では、ETWSに対応していないスマホの場合はどうしたら良いのでしょうか?

現在のところ、ヤフー防災速報などのアプリを個別にダウンロードして情報を確認するしかないようです。

以上、緊急地震速報についての設定方法についてご説明してきましたが、過去に、設定済みという方も、今一度、確認してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク