移住計画 初日 ~動機~

私が移住を計画し始めたのは、2017年の6月のこと。

この記事の公開時点で、ちょうど一年前のことです。

私がなぜ移住を計画し始め、

そして実際に移住にまで至ったのか。

その経緯をご説明していきたいと思います。

移住しようと決意したきっかけは、

ネットニュースのある1つの記事でした。

ガチ婚!ガチ移住!@富士吉田

富士急ハイランドで有名な山梨県の富士吉田市が、

移住するカップルを募集してるという記事。

要約すると

  • 山梨日日新聞145周年の記念事業である
  • 『ガチ婚!ガチ移住!@富士吉田』の一環で20代~40代の2組のカップルを募集している
  • 移住カップルには月額12万5000円を山梨日日新聞が支給する

という内容。

移住が決定したカップルは、SNSやYouTubeを通じて、

山梨(富士吉田市)の魅力を発信したり、

新聞社のインタビューに答えたり、

定期的なレポート提出などで移住生活をリポートしていくというもの。

記事によると、

富士山、南アルプス、八ヶ岳といった日本屈指の山々に囲まれ、森と清流に恵まれた山梨県。その人口はピークの2000年(89万人台)から減少に転じ、現在は83万人を割り込んでいます。人口減少率は全国11番目で、それに伴う、地域活力の低下や後継者不足、空き家対策など、県内市町村はいま、多くの課題に直面しています。

少子高齢化が叫ばれる昨今、このような自治体は多いのではないでしょうか。

実際、2010年頃から人口の減少が始まり、今年まで8年連続で人口が減っているそうです。

なかでも、地方の人口の減り方はかなり深刻のようですね。

人口が減少すると、上の引用文の中にもあるように、

地域経済の衰退、地域産業の後継者問題、空き家問題など、多くの問題に直面します。

私はもともと、ある程度の年齢になったら、

大好きな海の近くか、風光明媚な山あいで「自分の店を持ちたい」という漠然とした夢がありました。

また、好奇心旺盛で、なんでもチャレンジしたい性格もあり、

この記事を見て「ビビビッ」ときてしまったわけです。

山梨県は、私の妹が大学時代を過ごした土地であり、

また、私の祖父の家が山梨の隣県、静岡県であり、

山梨には何度も遊びに行ったことがあり、

私にとって身近な土地でもありました。

その為チャレンジと思って応募をしてみたところ、

なんと、書類選考を通過!

東京まで面接に行ってきたのです!

結果は・・・

不合格・・・汗

残念ながら、選考から漏れ、移住はならなかったわけですが、

この件をきっかけに、それまでは漠然とした夢だったものが、

急に身近に感じられ、夢から目標に変わりました。

そんなこんなで、

『田舎移住』に動き出すのでした。

『移住計画 2日目 〜移住地の選定〜』はこちらから