ツールド熊野 2018(Tour de Kumano 2018)

私の趣味の一つでもある、

『ロードバイク』

6/2に
三重県熊野市で行われた、
『TOUR de KUMANO(ツール・ド・熊野)2018』の第2ステージ、熊野山岳コース
を見てきました!
ツール・ド・熊野(ツール・ド・くまの、Tour de Kumano)は、世界遺産に登録されている、熊野古道を舞台に、例年5月下旬から6月上旬に4日間で開催される自転車競技、ロードレースのステージレース大会。2008年の開催より、UCIアジアツアー2.2に指定されている。
1999年、『3DAY ROAD 熊野』実行委員会(2007年より特定非営利活動法人 SPORTS PRODUCE 熊野に名称変更)の運営により開催。2008年の開催では、第1ステージは、熊野川の支流である赤木川、第2ステージは、熊野山道、最終ステージは、太地をそれぞれ舞台に行われた。2009年より、初日に個人タイムトライアルが組まれる(2日目以降は2008年の1-3ステージと同様の日程が組まれている)ため、4日間開催となる。
(※ウィキペディアより引用)

UCI(国際自転車競技連合)認定の国際競技だけあって、

大会規模、迫力も満点でした!!

私が観戦した熊野山岳コースは、

丸山千枚田を舞台に行われました!

丸山千枚田(まるやませんまいだ)は、三重県熊野市紀和町丸山地区にある白倉山(標高736m)の南西斜面を利用した棚田群。

千枚田と言われるが、実際には高低差160m(標高90-250m)の谷合に約1,340枚(7ha)の棚田がある。最も小さい田は、1枚で0.5m2しかない。棚田の法面は野面積み(のづらづみ)を主とした石積みであり、西日本に多く見られる方式である。

(※ウィキペディアより引用)

今、働いている職場でお世話になった方が、

この丸山千枚田が地元で、

毎年、このツール・ド・熊野が来るのを楽しみにしているそうで、

私が、自転車(ロードバイク)が趣味だと知ると、

「地元で自転車の大会がやるから見に来い!」と言ってくれ、

見に行くことになったのです。

今回は、第20回の記念大会だったみたいです。

風光明媚な場所で、自分も、

自転車で走ったら気持ちが良いだろうなあと思いながら観戦していました!

風光明媚な丸山千枚田が舞台。

日本屈指の山岳コースだそうです!

本格的なロードレースの観戦は初めてでしたが、迫力があって非常に楽しかったです!

レースの様子の動画は

ミラーレス一眼で撮ったので、

動画と一緒にYouTubeにあげましたので、

こちらからどうぞ!

〜ツール・ド・熊野観戦動画〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする