全米オープンゴルフ(U.S. Open Championship)

ワールドカップ ロシア大会が始まり、

世の中は盛り上がっておりますが、

もう一つ、大きなスポーツの大会が行われています。

それが、ゴルフの

『全米オープン(U.S. Open Championship)』です!

私は、移住前はゴルフ場で働いていました。

当時は、毎日のように練習して、

たまに試合にも出たりしていました。

当時の写真がこちら

当時は、ほんと、ゴルフばっかりやってました。

移住してからは、

たまに、庭で素振りをするくらいで、

なかなかゴルフできてないですが、

落ち着いてきたらまたゴルフやりたいなー!

得意の、

話が脱線してきましたので、

話を戻します。

全米オープン(U.S.Open Championship)とは?

全米オープンは、

ゴルフ4大大会のひとつ。

【4大大会とは?】

  • マスターズ・トーナメント(Masters Tournament) 【4月開催】
  • 全米オープン(U.S. Open Championship) 【6月開催】
  • 全英オープン(The Open) 【7月開催】
  • 全米プロ(PGA Championship) 【8月開催】※2019年からは5月開催になる予定

4大大会の中でも、

最もコースセッティングが厳しいトーナメントとして知られ、

また、

4大大会の中でも、

最も賞金総額(優勝賞金)が高いトーナメントでもある。

昨年の優勝者は、

B.ケプカ(アメリカ)

われらが日本の松山英樹選手が2位と健闘しました!

過去には、

1980年(第80回大会)に、

現日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長の青木功選手が、

J.ニクラウス選手と死闘を演じ2位となったり、

2004年大会では、

丸ちゃんこと丸山茂樹選手が4位タイと健闘した大会でもあります。

われらが日本代表!松山英樹!

上記のように、

昨年大会では2位と大健闘した松山選手。

今年は、

3日目終了時点で、

首位と11打差の54位タイ。

コースセッティングの厳しさなどを考えると、

ビッグスコアはなかなか出にくいと思いますので、

初のメジャー制覇は、この大会では厳しそうですね。

次回(7月開催)の全英オープンに期待しましょう!

ほかにも、

日本人選手は、

小平智選手、星野陸也選手は通算18オーバー135位、

秋吉翔太選手は通算19オーバー147位で

予選落ちとなりました。

残念!!

タイガー・ウッズの復活は?

3年ぶりに全米オープンの舞台に戻ってきた

タイガー・ウッズ(アメリカ)。

おそらく、ゴルフをあまり知らない人でも

知っているであろう、ゴルフ界のスーパースター。

歴代2位のメジャー優勝14回、

史上2人目、そして史上最年少でのトリプル・グランドスラム達成など、

輝かしい成績を残しているタイガーですが、

近年は、度重なるスキャンダルや、

腰の怪我などで、成績不振が続き、

世界ランキングも昨年末の時点では656位と

ゴルフ界のスーパースターはその輝きを失っていました。

しかし、最近は、

3年ぶりのメジャー復帰となる4月の「マスターズ」で32位、

「ザ・メモリアルトーナメント」では23位、

ショット貢献度で全体1位になるなど、3日目まで優勝争いに加わったりと、

復調の兆しを見せる中での、

今回の、母国のナショナルオープン出場。

予選通過、そして上位進出が期待されましたが、

結局、10オーバー83位タイで予選落ちとなりました。

やはり、メジャーで躍動するタイガーが見たい!

次は、来月開催の全英オープンでの活躍に期待しましょう!

フィル・ミケルソン、まさかの愚行?

そして、今大会で話題になっているのが、

フィル・ミケルソンのまさかの行動。

事件は、3日目の13番グリーンで起こりました。

ボギーパットがカップ脇を抜け、下り傾斜をどんどん転がり止まる気配がなかった。

そのボールを小走りで追いかけ、先回りしたミケルソンは、

なんとまだ動いているボールをパターで打ち返した。

ゴルフ規則【14-5】動いている球をプレーした場合

プレーヤーは、自分の球が動いている間はその球をストロークしてはならない。

の規則にしたがい2打罰を受けるものの、

動くボールを故意に打つという前代未聞の

スポーツマンシップに反するととられても無理はない行為に、

試合後に報道陣から、ゴルフ規則33-7に基づく失格の判断も問われたそう。

しかも、メジャー通算5勝、ツアー通算43勝をほこり、

実績十分の大ベテラン、

タイガー・ウッズにも勝るとも劣らない人気を誇る

フィル・ミケルソンが起こした行為ということで、

ゴルフ界には大きな衝撃が走っています。

スポーツはルールがあるから成り立つもの。

そのルールの根幹を揺るがしかねない、

今回の行為は、今後、大きな問題となるでしょう。

私も、フィル・ミケルソン選手は好きな選手だっただけに、

非常に残念です。

さいごに

そんな、良くも悪くも様々な話題で盛り上がっている全米オープン。

本日(日本時間明日未明)最終日を迎えます。

W杯もあるし、

スポーツ好きにとっては寝不足が続きますが、

うれしい悲鳴ということで、

眠い目をこすりながら観戦したいと思います!

追記(2018.06.18)

最終日が終わり、

結果は、

B・ケプカ選手の2連覇!

2連覇は29年ぶりの快挙だそうです!

そして、

我らが松山選手も、

最終日は4連続を含む6バーディ、2ボギーの『66』で、

通算10オーバー、16位まで巻き返しました!

今回は、メジャー初制覇とはなりませんでしたが、

次回のメジャー、7月開催の

全英オープンに期待しましょう!


スポーツランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村