移住計画 5日目 ~和歌山移住~

前の記事に書きましたが、
和歌山移住にターゲットを絞ったので、
和歌山についていろいろ調べる事にしたのでした。

わかやま移住・定住支援サイト

~WAKAYAMA LIFE~

この
「WAKAYAMA LIFE」というサイトは、
既に移住して生活している先輩移住者の紹介や、
移住支援制度の紹介、
移住関連のセミナーの紹介
など、
和歌山に移住する際に必要な情報が、
ぎっしり詰まっています!
このサイトのおかげで、
和歌山も移住にかなり力を入れている自治体
ということが分かったのでした!

そして、2017年8月に
実際に和歌山に行ってみました!

【白良浜】

白良浜(しららはま)は、和歌山県西牟婁郡白浜町の鉛山湾沿岸に位置する砂浜である。石英の砂からなる白い浜辺と白浜温泉で知られる。ハワイ・ワイキキビーチの友好姉妹浜(Goodwill Beach City Relationship)である。

夏の海水浴シーズンには60万人を超える客が訪れる。毎年7月30日と8月10日の2回、白浜花火フェスティバルが行われ、午後8時から1時間で2,000発もの花火が打ち上げられ、7月21日から8月29日にかけてメッセージ花火が打ち上げられる。また12月31日には午後10時30分からカウントダウン花火が行われるなど、年間を通して様々なイベントが行われる。元湯のひとつであるまぶ湯から源泉を引いた、水着着用の混浴露天風呂「しらすな」が年間を通して営業(冬期は足湯として)しており、崎の湯などの名湯、露天風呂が周囲に多いこともあり、冬季にも訪れる観光客も多く年間を通しては100万人が当地を訪れる。なお、付近の白浜という地名は白良浜に由来する。

2000年7月20日にアメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市でワイキキビーチとの友好姉妹浜(Goodwill Beach City Relationship)提携を結ぶ調印式が行われた。ほか、2006年環境省による快水浴場百選、1996年に日本の渚百選に選定されている。

※ウィキペディアより引用

南紀白浜!

【広告】



南紀白浜に行ったのはこれが4回目だけど、
過去3回はマラソン大会参加ついでの観光でしたので冬の白浜でした。
夏に行くのは今回が初でした!

やっぱいいねぇ!夏の海!

夏の白浜の海は、
やばいくらい綺麗でした!

行っててよかった公文式!
行ってよかった夏の白浜!

つまらないダジャレは置いておいて、
今回の目的は、あくまでもこっち!

いろいろ調べましたよ!

和歌山県庁の移住推進課?
に押しかけ、担当者の方にいろいろ聞いてきました!
特にアポもとらず、
本当に押しかけるようにしてうかがったのですが、
担当の方は、非常に親切に対応してくださいました。
また、和歌山県庁の近くにある、
「定住サポートセンター」
というところにもお邪魔しました。
東京や大阪にも窓口があるようですので、
ご興味のある方は、
一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?
こうして、いろいろな方から、
いろいろな話を聞き、
和歌山は全国でもかなり早い段階から移住推進に力を入れていて、
推進策もかなり手厚いことがわかりました!

この旅のおかげで、計画もかなり具体的になりました!

移住を計画してる人の為の短期滞在施設があったり、
移住計画者を案内してくれる案内人の方もいて、
この翌月には案内を受けるため、
もう一度
和歌山を訪れることになるのでした。