【W杯】日本vsコロンビア

2018 FIFA ワールドカップ ロシア

やりました!

日本勝利!!

日本 2ー1 コロンビア

で日本の快勝でした!

試合展開

先制したのは日本。

前半3分。

日本の司令塔、MF香川真司もシュートを、

相手MFサンチェスがハンドで防ぐ。

このプレーにより、サンチェスは一発レッドカード、

日本はPKを獲得し、

これを香川が自ら決め、先制した。

前半39分には、

MF長谷部のファウルによって与えたフリーキックを決められ、

1-1の同点に追いつかれる。

前半は1-1で終了。

そして、

後半28分。コーナーキックのチャンスを得た日本。

キッカーは得点した香川に代わって入った、

MF本田圭佑。

本田が高く出したボールを

FWの大迫勇也が頭で決め、

2-1と勝ち越しに成功。

日本はこのまま逃げ切り、勝利。

勝ち点3を奪った。

感想

まずは、日本の1点目。

驚きましたね。

しかし、

コロンビア選手に対しての、

1発レッドカードは少しかわいそうな気がしました。

確かに手に当たっているし、

本人もそれは認めているみたいですが、

どう見ても、故意で防ごうとしたのではなく、

「たまたま当たってしまった」という感じ。

ハンドでPKは仕方ないですが、

レッド→退場はかわいそうですね。

この退場により、

数的優位にたった日本は、

精神的にも優位に立ち、

その後の試合展開にも大きな影響を与えました。

そして、

コロンビアの1点目。

長谷部選手のファウルを取られ、

フリーキックとなるわけですが、

このプレーも、

相手選手の方から体を当てに行っていいるように見えましたけどね。

そして、GK川島選手のプレー。

解説でも言っていましたが、

FKに対してのポジショニング、反応

ともに悪かったような気がします。

そして、決勝点となる、

日本の2点目。

香川選手に代わって入った、

本田選手のコーナーキックを

大迫選手がヘッドで決める。

今のコンディション云々は別として、

ここ数年の日本代表においては

”絶対的”ともいえる存在

(しかも交代で入ってきた直後)の本田のアシストを、

FWの大迫が決めるという、

結果を出すべき人が、結果を出したという。

しかも、

後半28分の勝ち越し点、追加点というのは、

非常にいい時間帯での得点でしたね。

試合時間90分のうち、

85分は数的優位に立っていたわけで、

当たり前といえば当たり前ですが、

日本のポゼッションも高く、

常に試合を支配していた印象でした。

西野監督の選手交代などの采配も良かったですね。

W杯直前、わずか2ヶ月前の監督交代劇で、

戦前はかなり不安視されていたわけですが、

さすがです。

1996年、トランタオリンピックの

「マイアミの奇跡」

の時の監督も西野監督でしたね。

何か持っているのでしょうか?

日本の勝利は歴史的快挙!?

下馬評では圧倒的不利だった日本の

今回のこの勝利。

なんと、

「アジアのチームとしてワールドカップで初めて南米チームを破った」

そうです。

他にも、この試合はいろいろと記録ずくめで、

本田圭佑選手は、

「ワールドカップ3大会でアシストを記録した初のアジア選手」

となり、

前半3分のコロンビアのサンチェス選手の退場は、

「ワールドカップ史上2番目のスピード退場」

だそうです。

日本の決勝トーナメント進出は?

日本戦の後に行われた、

同じ、グループHのセネガルvsポーランドは

セネガル2-1ポーランドでセネガルの勝利。

日本の第2戦は、

そのセネガルとの対戦となります。

そのセネガル戦に勝利し、

もう一方のポーランドvsコロンビア戦で

コロンビアが勝利するか引き分けとなると、

なんと、最終戦を待たずして、

日本の決勝トーナメント進出が決まります!

日本がセネガルを破ったとしても、

ポーランドがコロンビアに勝利すれば

最終節の結果次第では3チームが勝ち点6で並び、

得失点差勝負となる可能性もありますが、

日本がセネガルを下せば、

もう一方の試合如何に関わらず、

グループ首位となり、

決勝トーナメント進出に王手となります!

とにかく、

次戦、セネガル戦に勝利することが大切です!

次戦で戦う、セネガル代表とはどんなチーム?

ワールドカップ出場は2回。

初出場は2002年。

その2002年の出場の際には、

初戦で前回大会優勝のフランスに1-0で勝利するなど、

世界中を驚かせ、

鮮烈な印象を与えたチームであり、

ベスト8まで進出しました。

その後は、

今大会までW杯の出場はなく、

W杯での経験という意味では、

日本の方が勝っているような印象です。

しかし、日本代表は、

アフリカ勢特有の身体能力を活かした、

スピードとパワーで相手を圧倒するタイプの国との対戦を苦手とする傾向があり、

決して楽観視できる相手ではありません。

日本の次戦、セネガル戦は、

6月24日(日)24:00(日本時間)からです!

~関連記事はこちらから~

2018 FIFAワールドカップが開幕しました!

余談

大迫選手の活躍で、

2009年に流行ったあの言葉が注目されているみたいですね。

「大迫、半端ないって!」

この言葉は、2009年に行われた、

第87回全国高校サッカー選手権の準決勝で、

大迫選手を擁する鹿児島城西が滝川第二に6-2で圧勝した際、

相手校のキャプテン中西選手が発した言葉。

この様子がテレビで流されると話題になり、

YouTubeなどで拡散されました。

それが、昨日の大迫選手の活躍で再び注目され、

Twitterでは

「♯大迫半端ないって」

が10万件以上もツイートされたそうです!

そして、

その大迫選手のゴールをアシストしたのは、

本田選手。

本田選手がもっと活躍したら、

それこそ、

「本田△」(本田さん、カッケー)とか、

「(((((本田)))))」(本田、かっこつけすぎ!)とかも、

再び注目を浴びて、流行るんですかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク